3分でわかる!水戸市でベッド,マットレスの処分方法と料金

水戸市でベッドやマットレスの処分方法と処分料金わかりやすく3分で解説

水戸市でベッド,マットレス処分方法3選

水戸市でベッドやマットレスの不用品処分方法3つの方法

*引越しでベッドを処分したいがどうすれば

*処分方法がわからない

そんな方のために

水戸市でベッドやマットレスを処分する
3つの方法をご紹介いたします。

 

1,水戸市の粗大ゴミとして出す

方法は大きく分けて2つ
*回収に来てもらう方法

*清掃センターへ持込み

 

 

粗大ごみを回収に来てもらう方法

 

「粗大ごみ処理券」を購入し
指定の日とゴミ集積所に出す方法です。

 

規定の大きさ

1辺の長さ3メートル以内、
3辺合計(長さ・幅・高さ)合計5メートル以内

 

規定の重さ

50キロ以内

(通常のマットレスなら、ほぼ大丈夫)

 

シングルサイズのマットレスであれば
ギリギリ出せる大きさかもしれません。

粗大ごみの出し方・手順3ステップ

  1. 受付けセンター
    ☎029-351-8101に電話
    住所・氏名・電話番号
    ゴミの大きさ・品目
    個数・排出場所を伝える。

    *収集日と受付番号を教えてもらう。
  2. 「粗大ごみ処理券」を購入
    販売場所はこちら

  3. 受付けセンターから伝えられた
    受付番号を「粗大ごみ処理券」に記入し
    直接粗大ごみに貼り付ける。

    指定された収集日の午前8時までに
    玄関先に粗大ごみを出しておく。

粗大ごみ処理券の料金

  • 1枚500円

  • 粗大ごみ小
    粗大ごみ処理券1枚(500円)
    貼り付ける
    3辺の長さの合計3メートル未満

  • 粗大ごみ大
    粗大ごみ処理券2枚(1000円)
    貼り付ける
    3辺の長さの合計3メートル以上
    5メートル以内

清掃センターへ直接持込む方法

*「粗大ごみ処理券」購入の必要はありません

 

粗大ごみとして収集依頼を出せる
規定の大きさを超える
マットレスやベッド

 

今すぐに処分したい人や
面倒な手続きが苦手な人は、

上記の方法とは別に

水戸市の清掃センター(ごみ処分場)へ
自身の車で
直接持ち込む方法が適しています。

水戸市清掃工場 えこみっと

所在地:水戸市下入野2100番地

☎:029-297-6760

受付時間:月~土
(8:30~12:00  13:00~17:00)

処分料金

10キロごとに130円

ベッドやマットレスでしたら、
ほとんどの物が概算で
1000円以内の処分料金で収まります。

水戸市へ粗大ごみで出すメリット・デメリット

メリット ・行政なので処分料金が安い
・行政なので安心できる
 デメリット  ・自分で運ばなければならない
・手続きが面倒
・持ち込みは運べる車が必要

2,リサイクルショップに買取してもらう

使用感のないキレイな
ベッドやマットレスならば、
リサイクルショップへ売却しましょう。

 

ただし寝具など
一度人肌に触れたものは、
なかなか買い手がつきづらく
リサイクルショップは
積極的に買取しないのが現状ですので、
あまり高価買取は期待しないほうがよいです。

売却できそうな基準は?

  • ブランドのベッド
    格安品はNGが多い

  • シミ・汚れ・ニオイが無い
    ペットを飼っていないなど

  • スプリングのヘタレがないこと
    水平にみて凹み具合をチェック

水戸市近郊で買取店をチェック

3,不用品回収業者へ依頼する

不用品回収業者や
便利屋などに回収を依頼する方法です。

 

こんな方におすすめ

・時間がない方
・急ぎの方

・自分で処分が面倒な方

・ベッド以外にもゴミが出そうな方

 

引越当日に
ベッドの処分を忘れていたなど

急を要する場合や、
女性で運び出しができないなどの方は、
不用品回収業者へ依頼する方法が便利です。

 

回収業者へ依頼するメリット・デメリット

メリット

・部屋まで引取りに来てくれる

・急ぎでも対応できる業者が多い

・分解から運び出しまでしてくれる
・ベッド以外の不用品や
 ゴミも引取りしてくれる

・面倒な手続きがいらない

 デメリット

 ・行政に比べ手数料金が高い
(業者でマチマチ)

・料金的なトラブル報告が多い

・ホームページでは
 信用できる業者か分かりずらい

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

ベッドやスプリングの入った
マットレスは、大きく重いので、

処分するとなると一苦労の方が多いようです。

 

特に引越となると
ぎりぎりまでは使用したいものですが
いざとなったときに
慌てないよう
知識だけでも準備をしておきましょう。